おいしさの秘密を探しに!「キリンビール横浜工場」へ。。

今ではキリンビールといえば、「一番搾り」が主流ですが、私が社会人になりたての頃は、キリンビールといえば、ラガービールとして熱処理をした重さが特徴のビールだったんです。
ところが年々、ビールといえば「生」といった時代になり、キリンラガービールも熱処理をしない重さのない、軽めで爽快感が高いビールになってしまいました。その後「キリンクラシックラガー」として復活しましたが、爽快感に慣れてしまった私は、アサヒスーパードライや,サッポロ黒ラベルにシフトしてしまいました。もちろんその頃、キリンビールも「一番搾り」を出していましたが、ほとんどアサヒやサッポロを飲んでたんです~

IMG-7663

2009年、キリン一番搾りが麦芽100%オールモルツに変りました。
居酒屋に行ったときに「キリン一番搾り」しかない時は、しかたなく1杯程度飲んでサワーやワインに飲み変えていました。
何か急にキリン一番搾りが飲みたくなって、どうせならビール工場に行って飲んでみよう!と思いつき、仲間を募ってキリンビール横浜工場へ行ってきました。

工場見学受付カウンターで受付し、見学ツアー開始まで「ノミモノ・ラボ」というところでビールについて軽くお勉強しました。

IMG-7664

ガイドさんから呼ばれ、いよいよツアーの開始かな?と思いきや、シアターホールへ誘導され
参加者全員集集まるまで待機。

IMG-7666

シアターで、キリンビールの沿革等について説明を受け工場内へと、おっと!いきなり大きな釜が。。。

IMG-7673

ビールにとって絶対必要な素材は、「麦芽」「ホップ」「水」ですよね!

IMG-7670

一番搾りは、通常の約1.5倍の麦芽を使用しているんだそうです。そして一番最初にろ過されたのが一番麦汁、それを煮沸させ発酵、貯蔵・ろ過の工程でキリン一番搾りが出来上がるんですって。。左側が一番麦汁、右側が二番麦汁、明らかに麦芽を約1.5倍使っていることで、一番麦汁のほうが濃厚です。通常のビールは、一番麦汁と二番麦汁をブレンドして出来ているそうです。

IMG-7675

こちらが生産ラインです。ペットボトル詰め機やビール缶を洗浄する機械です。

IMG-7678

IMG-7679

IMG-7680

IMG-7681

見学ツアーの最後は試飲です。実際に一番搾りを頂けます。
一番搾りで作った黒ビール、一番搾り(キリンの理想のビール)と一番搾りプレミアムの3種類の試飲をさせていただきました。さて?どれが一番おいしいと感じたか。。。
プレミアムという文字に引き寄せられたということはありませんが、一番搾りプレミアムの香りと味は最高です。
どれも、一番麦汁だけで作っているのでおいしい。。。

IMG-7685

ファクトリーショップでビールとチーズを購入してきました。
工場見学でキリン一番搾りのおいしさの秘密を知ることが出来ました。

IMG-7687

IMG-7689

キリンビール横浜工場内には、レストランが併設されています。
クラフトビールとこだわり料理が楽しめる「スプリングバレーブルワリー」
バーベキューやジンギスカンを楽しめる「レストラン ビアポート」
土曜日・日曜日も工場見学ができます。
詳細はキリンビール 横浜工場公式サイトで

小グループから団体の見学は、お気軽にご相談下さい。マイクロバスから大型バスまでご用意いたします。工場見学+横浜・鎌倉などの観光地を巡るツアー等を企画してみたいとお考えの幹事さん、まずは気軽にお問い合わせください。

神奈川県知事登録旅行代理業者代理業第126号
株式会社ビッグハートインターナショナル