DSCN4784

台北の龍山寺ではおみくじ棒の書かれている番号でいいか?神様に確認が必要なんです。

龍山寺の後殿、関聖帝君(商売の神様)のところにおみくじ棒があったので
さっそくやってみることに!

まず、氏名・生年月日・住所・職業の自己紹介をしておみくじを引いていいか尋ねる。
その尋ね方なんですが、杯筊(ベイジャオ)という赤い半月の木を投げる。

DSCN4785

この赤い半月の木が表と表の場合はダメ

RSCN4936

もちろん裏と裏もダメ

RSCN4937

表と表でおみくじを引くことの許可がされる。

RSCN4938

3回やって表と表や裏と裏だった場合は、願い事の内容を変えるか?
神様がおみくじを引くことを許可しなかったとあきらめて下さい。

おみくじ棒を選び番号を確認
ここで終わらないのが台湾式なんです。なんとこの番号でいいか再度神様に杯筊で確認

DSCN4787

OKがでたらおみくじ引出所へ行って番号と同じ引き出しからおみくじを取り出す。
ただ、なんて書いてあるかわからない!!
なんですが、実はおみくじ解説所というところがあり週末には日本語の話せるスタッフがいるらしい??
おみくじは日本に持って帰ってきてくださいね。

「台湾ツアー情報」
魅惑の台湾で女子力アップ、自分にご褒美のわたし旅
台湾でのグルメ・体験・観光・ローカル鉄道の旅など台湾ツアー情報満載!!ツアー紹介ページはこちらから

LINEで送る

ツアーのお問い合せはこちら

03-6712-1670

メールでのお問い合せはこちら