富士講の開祖とされる「長谷川角行」が人穴洞穴に籠って厳しい修行を千日間も行った。

人穴浅間神社(人穴富士講遺跡)2013年に世界文化遺産として登録

富士講の開祖とされる「長谷川角行」が人穴洞穴に籠って厳しい修行を千日間も行ったと言われております。

DSCN5785

写真の右側に「人穴洞穴」があり、なんと神奈川県の江の島まで続いているという伝説があるらしい。

DSCN5779

DSCN5776

こちらは一見、墓石のように見えますが、世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産でもある碑塔群で、富士講・先達の供養・顕彰塔や講員の登拝記念碑なんです。

DSCN57721

鳥居の後ろに富士山が見えてます。この人穴浅間神社がある富士宮市は、B級グルメ「富士宮焼きそば」でも知られている。またこの地区は、1988年10月オウム真理教総本部道場が建設された場所でもあったんです。

DSCN5784

ところで、この鳥居の道、なぜか不思議な感じませんか?写真左側が大きく円を書くように舗装されています。実はこの鳥居を車でくぐると、無事に帰ることができないという伝説があるんです。ネット上では、何度もくぐったけどなんでもないという方がいらっしゃたり、事故をおこしてしまったという方もいらっしゃるようです。私は、運転手に鳥居の事を思い出し直前で鳥居を迂回してもらいセーフ、かなり危なかった。

人穴浅間神社
静岡県富士宮市人穴206

LINEで送る

ツアーのお問い合せはこちら

03-6712-1670

メールでのお問い合せはこちら