銀座「お仏壇のはせがわ」でおこなわれている”ほほえみほとけ”の世界に行ってきました。

「期待するから腹がたつ」もっともの事だとわかっていても、時として冷静さを失い忘れてしまった自分がいた。

ほほえみほとけ

この額縁の中に書かれている作品は、岡山県倉敷市中島にある医王山高蔵寺の天野高雄(あまのこうゆう)住職の「ほほえみほとけ」の作品です。

私が、こうゆうさんを知ったきっかけは、昨年、高野山開創1200年についていろいろと勉強していた時にYouTubeで、OHK岡山放送の「もんぜんまっぷ」という番組(お寺や神社周辺にある門前町をNMB48のメンバーといっしょに地域の魅力を再発見する番組)を知り、こうゆうさんってどんな人?ってインターネット検索をしてみると、高野山真言宗の本山布教師として法話を軸としていろいろな活動をされているお坊さんだということを知りました。また、『拝、ボーズ!!』という法話バラエティー番組では、法事、仏さま、お坊さんのことなどをとてもわかりやすく紹介していると書かれておりました。この番組は、「FMくらしき」で放送していますが倉敷エリア内でしか聞くことができないので、私はポッドキャストで配信しているのを毎週楽しみに聞いています。また、「見る法話」として発表される絵『ほほえみほとけ』や、フォークソングシンガー小林啓子さんの歌と法話のコラボレーション『うたかたり』などでも活躍され、倉敷の医王山高蔵寺では、小学生を対象に寺子屋を開いています。

今、銀座の「お仏壇のはせがわ銀座本店・銀座ギャラリー」で明日25日(月曜日)まで、こうゆうさんの作品である「ほほえみほとけ展」を開催しております。銀座へぶらっと散歩やお買い物でお出かけの際に立ち寄ってみて下さい。このような時でもないと、なかなか「お仏壇のはせがわ」のギャラリーには足を運ぶことはないと思います。

また今晩は、東京・自由が丘のカフェで、お坊さんによる一方的なお話ではなく、「わからないことをとことん訊いてみる」をモットーに. 質疑応答形式で展開する新しい法話会が行われます。仏教を生きるヒントに……そんな画期的な会がついに自由が丘にやってきます。当日は、プチ瞑想や、画僧でもある天野こうゆうさんの描く仏画の展示、美味しい高野山のお茶とお菓子もご用意して、皆さんのお越しをお待ちしています。

日時:2016年4月24日(日)17:00〜19:00(開場16:30)
会場:STAGE悠(目黒区自由が丘1-23-16)
講師:天野こうゆう(高野山真言宗僧侶)
岡野美和子(聞き手)
内容:法話、仏教解説、質疑応答、プチめい想など
会費:2,500円(当日500円アップ)
予約:FBメッセージにて
FAX 086-466-5393
kozoji [at] mac.com
([at] を @ に変更し送信してください)

お仏壇のはせがわのホームページ

STAGE悠でのイベント

LINEで送る

ツアーのお問い合せはこちら

03-6712-1670

メールでのお問い合せはこちら