信仰のパワーと土地のエネルギーを感じる高野山のパワースポット

116

高野山って山の名前でも、お寺の名前でもないんです。
周囲を山々に囲まれた真言密教の一大道場なんです。そしてこの地は風水的にも吉相で、大地のエネルギーが凝縮している場所で、写真の「金剛峰寺」が、ほぼ中心に位置しております。そして、弘法大師・空海が高野山の象徴として建立した「根本大塔」と「金剛峰寺」の間にある「三鈷の松」この松は弘法大師・空海が唐から帰国する際に、真言密教を広める場所はどこだろうかと、日本へ向けて密教の法具「三鈷杵」を投げたところ、紫雲がたなびき三鈷杵は雲に乗って飛んで行ってしまったそうです。
その後、弘法大師・空海が帰国すると狩人から高野山付近で夜な夜な光を放つ松があると言われ、その場所に行ってみると、なんと弘法大師・空海が唐で投げた三鈷杵が、その松の枝に引っかかっていたそうです。
それを見た弘法大師・空海が、この地こそ密教を広げるのにふさわしい場所だと感じ、道場を開くことを決め金剛峰寺を開くことになったそうです。
さらにこの松は、三葉の松だったことから今でも「三鈷杵」をほうふつさせるとして、大切に祀られています。
そのため、この場所が信仰のパワーと土地のエネルギーを感じる高野山のパワースポットの一つとも言われております?

「根本大塔」
124

「三鈷杵」
d3d88b7249038a9d90fdb13dc06472b3[1]1

「三鈷の松」
sights_sanko_img01

index

LINEで送る

ツアーのお問い合せはこちら

03-6712-1670

メールでのお問い合せはこちら