もともと神社は社殿を持っていなかった。神聖であるという目印でよかったんです。

DSCN4446

写真は、奈良県桜井市の大神神社の「神奈備の山」三輪山

神社のことをお宮(みや)とか、お社(やしろ)とも言いますよね。
やしろですが、や(屋)しろ(代)の義で、神々が住む、や(家)の代わりになるものを意味しています。
なので、もともと神社は社殿を持っていなかった。
そこが聖なる場所(神域)であれば、岩でも石でも、あるいは柱や、しめ縄で囲った結界でも
要するに、何か神聖であることを示す目印があればよかったんです。
理由は、神々はお祭りの時だけ降臨し、祭りが終われば天上や海のかなたへ帰っていくのだと
信じられていたからなんです。

DSCN4431

大神神社の三輪山(正式には三諸山)や信州の諏訪大社の上社の守屋山、下社の御射山は
神奈備の山の典型とされ、拝殿はあるが本殿がなく、山あるいは森を神と見立てているわけである。

九州・鹿児島格安航空券プラン情報 
「わたし旅」の格安航空券プランは一般のWEBからの自動予約ではなく、従来からのアナログ方式となります。予約やご回答はメールや電話で出来るだけお客様の目線で親切丁寧にご案内をさせていただいております。
羽田空港発着・茨城空港発着・神戸空港発着・中部国際空港発着の鹿児島格安航空券プラン

LINEで送る

ツアーのお問い合せはこちら

03-6712-1670

メールでのお問い合せはこちら