東霧島神社の神殿に通ずる階段(鬼磐階段)は、なぜ999個なの?

DSCN53761

霧島六社権現のひとつ「東霧島神社」東を(つま)読みます。
こちの神社には大きな刃物で切られたような岩があり「神石」と呼ばれている。

DSCN53671

「龍王神水」
龍王は絶大なる幸運・開運・厄除の力を発揮する守り神とされている。

DSCN53701

そして、東霧島神社の石階段
この地方に豪族で鬼と言われるほど恐れられているものが、善良なる土民に悪の限りを尽くしていた。その土民の一人に気品ある娘がいたそうで、豪族は嫁にと口説くも願いかなわず、田畑を荒らし、土民を困らせたそうです。

そこで、土民は霧島の鬼たちを集め「この神殿の通ずる階段を一夜で1000個の石を積み上げれば願いをかなえる、しかし出来なかった場合はこの地を去れと言ったそうです。
夜も更け静まり返ったある日、鬼たちは石段作りを始めた。あっという間に石段を積み上げていくので、このままではまずいと思い、東の空を明るくし長鳴き鳥を集め鳴かせた。
すると鬼たちは夜明けと思い、999個の石を積み上げたところで退散したと言われております。

この石段は鬼磐階段と言い、心を込めて願い事をとなえながら、振り向かずに階段を登ると願いが叶うといい「振り向かずの坂」とも言われております。

九州・鹿児島格安航空券プラン情報 
「わたし旅」の格安航空券プランは一般のWEBからの自動予約ではなく、従来からのアナログ方式となります。予約やご回答はメールや電話で出来るだけお客様の目線で親切丁寧にご案内をさせていただいております。
羽田空港発着・茨城空港発着・神戸空港発着・中部国際空港発着の鹿児島格安航空券プラン

LINEで送る

ツアーのお問い合せはこちら

03-6712-1670

メールでのお問い合せはこちら