鄭成功とその一族を祀る「開山王廟」日本統治時代は開山神社と呼ばれていた。

「延平郡王祠」オランダの統治時代から、台湾に解放した英雄鄭成功が祀られています。

DSCN8646

鳥居??見えないです。それもそのはずで日本統治時代、日本人の血を引く鄭成功を祀るために、延平郡王祠を「開山神社」と名を変え、日本人が台湾に初めて設置した神社で、鄭成功を神体とする神社にかえたんです。しかし、日本の統治が終わり開山神社の社殿は取り壊され、再び延平郡王祠として建替える時に、神社の鳥居の笠木を外して、中華民国の国旗にも使われている「青天白日」の紋章を載せた牌坊となりました。

DSCN8667

鄭成功が祀られている正殿

DSCN8651

正殿内の鄭成功像。昔の廟の名前「開山王廟」と書かれています。

DSCN8661

DSCN8655

【延平郡王祠】
住所:台南市中區開山路125號
開放時間:8:30~17:30

台湾観光など日本からのツアープランやご相談はお気軽に!
緑遊網旅行社(日本語名:グリーンツアー台湾)
日本セールスオフィス 担当:小野
TEL:080-4781-5581
台湾交通部観光局註冊綜合旅行社2116號
台湾旅行業品質保証協会註冊1606號

台湾キュレーターブログ&きっと役立つ台湾旅情報