バロックの華麗な装飾と閩南伝統の装飾が特徴「大渓老街」

この街の名産はコマなどの木工製品と豆干が名物なんです。

日本統治時代に整備されたギリシャ式破風とローマ式柱にバロック風の装飾が施された騎楼建築が残されている。

大渓老街(6)

中国語、日本語、ローマ字などの商号が混合しているのが大渓老街の特色だそうで、建物を見て歩いているだけでも楽しい街です。

大渓老街 (2)

大渓老街の和平街は木器街としても有名で、コマや竹細工の玩具なんかもありました。

大渓老街

和平街をまっすぐ歩いていくとお店にぶつかるので左折すると、右側に中正公園があります。この公園から大漢渓と大渓橋が一望できます。大渓橋は大渓老街と同じバロック様式です。
昔は鉄道が走っていたとか?

大溪橋(2)

大溪橋

あれ?相撲場が。。。
日本統治時代は、台湾全土の学校や公園には相撲場や土俵があったそうです。ですが戦後、日本文化を象徴するものということで撤去されたそうです。この場にある相撲場は、「台湾で唯一」相撲場の構造が残された場所なんです。
ところで、土俵の中央にいるマスコットは「大金宝宝」という、日本のダイキン工業が台湾で、PRキャラクターをしているんです。
この相撲場は台湾のヒノキを使用し、台湾の地元職人が釘を使わずに木材を継ぎ合わせて、建てたそうです。

IMG_E5222

歴史や文化に触れ、食べ歩きをしたり木工製品や雑貨の買い物も楽しめる大渓老街です。
和平路から中正公園〜大渓橋〜日本統治時代に整備された中山路まで散策をオススします。

IMG_E5202

台湾観光など日本からのツアープランやご相談はお気軽に!
緑遊網旅行社(日本語名:グリーンツアー台湾) 
日本セールスオフィス 担当:小野
TEL:080-4781-5581
台湾交通部観光局註冊綜合旅行社2116號
台湾旅行業品質保証協会註冊1606號

台湾キュレーターブログ&きっと役立つ台湾旅情報