大渓老街の南側に残る日本統治時代の建物に歴史を感じる。

リニューアルされた建造物、そこには大渓の古い街並みと歴史を感じることができます。

IMG_5226

日本統治時代に大渓公学校校長宿舎として建てられました。現在は野外博物館のコンセプト普及のための情報センターとして使用されております。建築年代:1920年頃

大渓郡役所警察独身寮として建てられた、日本式複層型宿舎です。第二次世界大戦後は蒋介石の侍従・家族が居住していたそうです。

芸師館

日本統治時代に警察による剣術や柔道の道場として利用されていた「武徳殿」で1935年に出来た建物です。

武徳殿

1937年大渓郡役所警察宿舎として利用されていた、四戸建てからなる宿舎「四連棟」です。

四連棟

日本統治時代の1937年に建築された建造物「大渓郡役所警察課長官舎」です。なんと2015年まで、歴代の警察官長官の宿舎として利用されていた為か、とても良い状態で保存されております。

工芸交流館

台湾観光など日本からのツアープランやご相談はお気軽に!
緑遊網旅行社(日本語名:グリーンツアー台湾) 日本セールスオフィス 担当:小野
TEL:080-4781-5581
台湾交通部観光局註冊綜合旅行社2116號
台湾旅行業品質保証協会註冊1606號

台湾関連・台湾旅情報のブログはこちらから