いかに円滑に見学と移動が出来るか?立山黒部アルペンルート「中編」

日本一の高さを誇るアーチ式コンクリートの「黒部ダム」そのスケールと眺望に驚く!

IMG_4979

この日は雲が垂れ込め、今にも雨が降りそうな雰囲気だったので、220段の地中階段をあがりダム展望台からの眺めは写真のようになってしまってますが、晴れている日は立山連峰、北アルプスの大パノラマが見ることができます。また10月15日までは毎秒10立方メートル以上の観光放水も行われます。

IMG_4980

さて、黒部ダムで自由散策となるのですが、予め時間と集合場所を決めておかないと。。
ここでしくじると、あとあとのスケジュールがぐちゃぐちゃになりそう?? 注意!!
少し説明を、アーチ型になっている部分が川下に向かって傾斜していますが、これは水圧を両岸に逃がすのではなく、下向きの力にすることでダム下部の岩盤に支えさせる構造になっているそうです。

DSCN8316

いたるところが、ビューポイントなので時間通りにうまくいくように願う。。。

DSCN8314

黒部ダムについて軽く触れておくと、富山県東部の立山町を流れる黒部川水系の黒部川に建設された水力発電専用ダムで、関西電力が事業を行っている。
1956年~1963年まで7年の歳月をかけて完成したが、その間171人の殉職者もいる。
ダムの上を歩いて黒部湖駅へと向かう。ここから、黒部ケーブルカーに乗るのですが、

IMG_4977

なんと、日本で唯一全然地下式のケーブルカーなんです。

IMG_4975

当然ケーブルカーなのですれ違いするポイントもありました。

IMG_4974

ケーブルカーを降りたら、こんどは立山ロープウェイに乗り換えます。ここは速やかにそしてスピーディーに。。。大観峰へ移動

IMG_4972

黒部ケーブルカーに予定時間通りに乗ることができ、あと2か所の地点(大観峰・室堂)をクリアすれば「問題なし」って感じです。