ガジュマルの幹が壁を這い上がり、葉が屋根を覆いつくす「安平樹屋」

安平樹屋は、徳記洋行の裏手にあった会社の倉庫だったんです。広さは1400坪

011[1]

なんでこんなことになったか?当初はイギリスの商社「徳記洋行」その後、日本統治時代は「大日本塩業株式会社」戦後は「台湾製塩総廠」の倉庫として使用されておりましたが、台湾製塩総廠が移転し、たくさんのガジュマルが生い茂ることになってしまったんです。倉庫のレンガの壁は、砂糖、水、灰が含まれていて、カジュマルの根から石灰岩を溶かす根酸が分泌されるため、この土地での繁殖に適していたんです。

IMG_1797

安平樹屋のカジュマルは侵略性があるそうで、ガジュマル自らが繁殖地を拡大する傾向があるそうで、

IMG_1809

ガジュマルの枝と幹からは空気中の水分を吸う気根が伸び、湿度の高い場所ほど発達するそうです。

IMG_49131[1]

屋根から突き出た枝と幹や垂れ下がった気根によって、葉が屋根を覆いつくしてしまってます。

IMG_1803

しかし、カジュマルの生命力には驚きを感じました。もともとはたった1本のガジュマルだったんです。70年以上も枯れることなくさらに成長しているとは!!

安平樹屋
台南市安平区古堡街108號

台湾観光など日本からのツアープランやご相談はお気軽に!
緑遊網旅行社(日本語名:グリーンツアー台湾) 
日本セールスオフィス 担当:小野
TEL:080-4781-5581
台湾交通部観光局註冊綜合旅行社2116號
台湾旅行業品質保証協会註冊1606號

台湾キュレーターブログ&きっと役立つ台湾旅情報