決して決まり事ではないのですが、年末にお礼参りをすることで新年を気持ちよく迎えることができるので。。。

毎年、自分の中での年間行事になっている年末のお礼参りに行ってきました。(氏神~下宮)

年末に今年1年を振り返り、新年を無事に迎えることに感謝をするようになったのは、10年ぐらい前からかな~、生きていれば良いことだって、嫌なことだってあるけど伊勢の神宮で、”今年1年ありがとうございました。”と報告するだけで安堵感に浸るんです。

ということで氏神様へ、今年1年お世話になりました。これから伊勢の神宮へお礼参りに出かけてきますと伝え行ってきました。

img_9940

いつもは、1泊2日で伊勢お礼参りをしていたのですが、今年はなにかと忙しく、初めて日帰り参拝に。。。

東海道新幹線で行こうか?航空機で行こうか?毎回悩むのですが今回は日帰りなので、できるだけ旅費を抑え時間を有効に使って羽田空港から中部国際空港→名鉄名古屋→近鉄名古屋→伊勢市→お礼参り→逆ルートで帰路に着くプランで参拝を。。

img_9945

羽田空港を定刻に出発、名鉄・近鉄を乗り継いで正午に伊勢市に到着、外宮の別宮「月夜見宮」から参拝をいたしました。お賽銭ですが、私は事前に半紙にお金を包んで用意しています。お財布からガサガサお金をとりだすこともなくスマートで楽ですよ!

img_9949

img_0004

神路通(かみじどおり)を進み「下宮」北御門参道より北御門鳥居をくぐり御正殿へ

img_9956

自分の名前・生年月日・住所を伝え、無事新年を迎えることができそうです。今年1年どうもありがとうございました。と、腰は出来るだけ90度に曲げるとかっこいいですよ!

さあ!次は98段の石段を上り「多賀宮」へ豊受大御神の荒御魂をお祀りしています。今年2月に、私はここで個人的なお願いを少しだけして、お願いがかなったのでお礼を。。(ちなみに多賀宮には鳥居がないんです)

img_9958

石段を下り「土宮」へ土地の守り神です。

img_9960

土宮の東方に鎮座している「風宮」風の神様で農業に関りが深く、美味しい食事をたくさんいただきましたと、付け加えてお礼参りをし、ご朱印をいただき第二・第一鳥居をくぐり内宮へバスで移動いたしました。

img_0005

古殿地から御正殿の御屋根が見えてます。外宮は先端が垂直の外削、内宮は水平な内削。また屋根の上に重しのような役割をしている鰹木は、外宮9本、内宮10本なんです。

img_9963

このあと日本人の魂のふるさと、天照大御神を祀る「内宮」へ

わたし旅「パワースポット」神社・仏閣キュレーターブログ